健康診断結果でLDLコレステロールが高い(低い)と判定(再検査等)が出た場合の対策

LDLコレステロール
LDLとは低比重リポタンパク質のことです。肝臓で作られたコレステロールを体中に運ぶ働きをします。これが多すぎると細胞が吸収しきれなかったコレステロールを血管の中に放置していくので動脈硬化の原因となってしまいます。逆に少ないと、十分にコレステロールを運べないので身体に不調が出ます。

LDLコレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれます。


スポンサーリンク

 健康診断のLDLコレステロールの検査結果の詳細(数値と判定名)

血液検査
LDLコレステロールの数値には基準値がありますが、男性と女性で異なりますし女性に関しては年齢でも変わってくるようです。


LDLコレステロールの基準値

男性は、72~178mg/dlとなっています。

女性は、30歳~44歳は61~152mg/dl。45歳~64歳は73~183mg/dl。65歳~80歳は84~190mg/dlとなっています。

この数値は日本人間ドック学会が発表したものであり、他の機関や病院では多少の差はあるようです。


LDLコレステロールの数値による判定名

LDLコレステロールの数値が高いと脂質異常症と診断されることがあります。これは日本動脈硬化学会による基準値です。

140mg/dl以上は高LDLコレステロール血症とされています。


高い(低い)と判定された場合はもちろん異常なしでも油断しないで!対策しよう

コレステロールと聞くと悪いイメージを浮かべる人もいるかもしれませんが、善玉と悪玉がバランスよく存在していないと身体に不調が出てきます。


高い場合の対策

野菜
LDLコレステロールが高いと肝臓で作られたコレステロールを必要以上に運び出してしまうので、細胞が吸収しきれなかったコレステロールが血管内に溜まっていくので動脈硬化の原因となってしまいます。

高くなる原因は遺伝や病気もありますが、多くの人は食生活などの生活習慣です。コレステロールが多い油の取り過ぎ、アルコール類の取り過ぎ、運動不足、ストレス、喫煙が原因とあることが多いようです。



下げるための対策としては、ストレスを上手く解消していくことと食生活の見直しが大切です。油物が好きな人は多いでしょうが、摂取してはいけないわけではないので低コレステロールの油をつかったり、カロリーの摂取量を調整していかなければなりません。

調理法でも工夫ができます。衣の量を抑えたり、素揚げにすると吸収する油の量が下がります。野菜に含まれる食物繊維はコレステロールの吸収を抑えますし、魚に含まれるDHA・EPAは血液をサラサラにするのでしっかり摂しましょう。魚に関しては刺身が栄養を取りやすいです。


低い場合の対策

魚や肉や乳製品
LDLコレステロールが低いと身体が必要としているコレステロールを十分に運べないので、ホルモンがしっかりと生成されなくなります。そのためホルモンを分泌する臓器の活動が低下いきます。コレステロールは細胞膜の成分の一つなので、それが低下すると細胞膜がしっかり作れずにウィルスが侵入しやすくなります。免疫力の低下だけでなく、ガンの発症率も上がると言われています。

LDLコレステロールが低い場合も食生活の見直しが大切です。食が細かったりダイエットを続けている人に多くみられるので、しっかりと栄養を取ることが大切です。コレステロールを多く含む食品や、肉・魚・乳製品などの栄養価が高い食品を取ることが必要です。

食生活で改善ができない場合は病気の可能性もあるので、医療機関での再検査を考える必要もあります。


まとめ

コレステロールは身体に必要なものですが、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールの数値が高くても低くても身体が異常を起こす可能性があります。どちらにしても食生活で大きく変わってくるので、今の食生活と理想の食生活をしっかりと把握して改善していくことが大切でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする