白内障や緑内障に飛蚊症,老眼など加齢(老化)による目の病気のまとめ

めがね
私たちは様々な情報を「目」によって得ることができます。光や色はもちろん食べ物を美味しく感じる事も目によって得られた情報からなのです。体の中でも最も重要な役割を果たしてくれる目、怖いのはその病気です。最近目が疲れたり、霞んできたり、ぼやけたり等の症状はありませんか?実は怖い目の病気かもしれませんよ。

スポンサーリンク

加齢(老化)による目の病気はなぜおこる?

老眼


加齢により誰でも起こる症状は老眼です。このように年を重ねる事で目の病気は起こりやすくなります。病気の主な原因は加齢、と言えるのです。加齢により人の細胞も共に老化していきます。目の細胞も同じです。水晶体が黄色く固くなり、眼球を守っている硝子体も小さくなってしまいます。それによりピンとが合わなくなり一般的に老眼と言われる症状が起きるのです。水晶体だけではありません。加齢と共に涙腺も弱くなることで目が乾燥しゴミが付着しやすくなります。その為角膜に傷が付きやすくなるのです。血管も老化し、血液の流れが悪くなる事でも病気は発症しやすくなります。その他、長い年月浴び続けた紫外線や長年吸い続けたタバコでさえも目の病気の原因となりうるのです。年齢を重ねるごとに増える目の病気はそういった理由の元発症されるのです。

白内障や緑内障、加齢(老化)による目の病気にはどんなものがある?

目の検診


目のかすみやぼやけ、物がダブって見える等、正常の場合よりも白っぽく見える症状が白内障です。早くは40代から、80代になるとほとんどの方に見られる目の病気です。また視野がだんだん狭くなってくる緑内障は中高年に多い病気の一つです。その他加齢による目の病気には様々な物があります。視界の中に黒い点が現れたり歪んで見えたりする加齢性黄斑変性、白い物や空を見た際蚊が飛んでいるように見える飛蚊症等があげられます。また網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症といった病気もあります。

今まで病気をした事がない方でも、突然に起こりうる病気です。年のせいだからと見過ごしていたら、最悪の場合失明する可能性もあります。特に加齢性黄斑変性は日本人の失明原因の第4位なのです。何らかの目の症状が出た場合は早めの病院での受診をお勧めします。

加齢での目の病気にかからない対策

ブルーベリー
年齢を重ねるごとに増える目の病気。仕方ないと思っていませんか?

これらには予防と対策があるのです。目の病気に関しては女性より男性の方が圧倒的に多く、これらは生活習慣が関わっているといえます。仕事でのストレスや疲れからでも目の老化は進むのです。またお酒やタバコも原因と言えるでしょう。

目の病気にならないよう生活習慣を見直す事が大切です。ストレスや疲れ、パソコン業務の場合は休憩を取り目を休ませてください。目を温めると血行がよくなり疲れ目の改善となります。日差しの強い日は空を見ない、又はサングラスでカバーしましょう。タバコは控えましょう。必要な亜鉛、抗酸化ビタミンを取るようにしましょう。

まだ若いと思っている40代、50代の方でも突然発症する可能性がある目の病気。日頃の生活を見直す事で回避できます。また60代70代もブルーベリーはもちろん牡蠣やいか、えび、卵、牛肉等目に良い食材はたくさんあります。積極的に取り入れる事で目の回復を図ることができるのです。失明に至らないよう、原因をなくしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする