熱中症の予防と対策、飲み物と食事は何をとればいい?

夏日
テレビをはじめとする各種メディアでも夏が近づくと毎年取り上げられる「熱中症」。最悪の場合は死に至ることもあります。できることなら事前に対策をとり、熱中症を予防したいものです。

今回は熱中症の原因と予防・対策についてご紹介します。


スポンサーリンク

熱中症の主な原因は?

温度計
そもそも熱中症とはなぜ起きるのでしょうか。熱中症にはその症状と程度から4つのタイプに分けられます。熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病の4つです。人間の身体は高温の環境下に長時間おかれると、体内に熱がこもり、急激に汗をかきます。一度に大量の汗をかくことで体内の塩分・水分が失われる上に、本来備わっている体温調節機能が乱れることで熱中症へとつながっているのです。


熱中症になった場合の対処法



太陽
では4つのタイプ別に具体的な対策をてみましょう。

・熱失神

人間の身体は暑さを感じると血管が広がるしくみになっています。血管が広がると血流が減ることで血圧が下がり、脳へ十分な血液が行き届かなくなります。これが熱失神の原因です。この場合は生理食塩水を飲むことで回復へとつながります。



・熱けいれん

大量に汗をかき、水分のみを補給している場合に熱けいれんはおきます。汗は水分と同時に塩分も排出しているので、血液中の塩分濃度が低下することで熱けいれんへとつながります。この場合は塩分も合わせてとることが必要です。



・熱疲労

熱けいれんからさらに脱水症状が進んだものが熱疲労です。水分・塩分ともに身体から不足した状態ですが、まだ発汗は見られる状態が熱疲労の特徴です。体温を下げるため衣服をゆるめて風通しをよくし、水分補給をします。



・熱射病

最も重度なものが熱射病で、死につながる場合もあります。熱射病は熱疲労よりさらに脱水症状が悪化し、発汗も見られなくなります。発汗がなくなると体温も上がり続け、40℃を越える可能性もあります。熱射病の場合はすぐに救急車を呼んでください。また、到着までは体温を下げるため、首筋や脇など太い血管の通っているところを冷やしたり、身体全体に水をかけるようにしましょう。


熱中症の予防と対策、食べ物や飲み物はなにを摂ればいい?

経口保水液


・暑さを避ける

激しいスポーツをしたり、長時間外にいない限り大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、熱中症は室内や日常生活のなかでも起こり得ます。夏場はエアコンを上手く活用しましょう。ただし、部屋の中や建物のつくりによっては涼しい風が行き届かないところもあります。その場合は窓を開る、換気扇を回すなどして風通しを良くしてください。また、カーテンを閉め日光を防ぐだけでも効果が得られます。



・効果的な飲み物/食べ物

熱中症には水分補給が必要不可欠です。ただ水を飲めば良いというわけではなく、塩分の含まれているスポーツドリンク又は、経口補水液を飲むようにしましょう。牛乳も熱中症予防に効果があると言われています。牛乳には血液を増やす効果のあるたんぱく質が豊富に含まれており、体温調節を助けるはたらきがあります。運動後に牛乳を飲むと熱中症対策には効果的です。利尿作用のあるお茶やコーヒー、アルコールはかえって逆効果になることもあるので注意が必要です。



また、夏場は食事にも気をつかいたいものです。暑さに負けて食が細くなりがちな夏ですが、特に摂取したい栄養素は、ビタミンB1・ビタミンC・クエン酸の3つです。ビタミンB1は豚肉や大豆製品などに多く含まれ、エネルギーを作るはたらきがあります。ビタミンCには免疫を高めるはたらきがあり、夏野菜に多く含まれます。梅干しやレモンに含まれるクエン酸は乳酸の発生を抑えることで疲れにくくしてくれます。これらの栄養素を中心にバランスのよい食事を心がけることも熱中症予防につながります。


まとめ

熱中症は日常生活に潜む身近で恐ろしい症状です。異変に気付いてから対応するのではなく、日々の生活から少しずつ意識し予防に努めましょう。レジャーや大型フェスなどのイベントも増える夏、万全の対策をとって楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする