耳鳴りだけ?それともふらつきや吐き気も伴う症状?原因と対処法

耳
突発的にキーンといった金属音のような耳鳴りがすることがあります。気圧の変化や静かな場所に移動した際になることがありますが、これは気にすることではありません。注意すべきなのは慢性的に続いている耳鳴りです。

人が感じている音は耳に入った振動を内耳が電気信号へと変換し、神経を伝って脳が音と認識します。耳鳴りの原因としては内耳を含めた音を聞くための機能が障害されていたり、ストレスや疲労などがあります。

それぞれの特徴を挙げていこうと思います。

スポンサーリンク

耳鳴り・ふらつきや吐き気を伴う耳鳴りが起こる原因と症状



耳鳴り


① ストレスによる耳鳴り

ストレスが溜まることで神経が過敏になり耳鳴りがすることがあります。慢性化する原因としては、耳鳴りもストレスに感じるようになりさらにストレスが溜まり耳鳴りが続くようになります。これが続くと耳鳴りがひどくなっていくので悪循環になります。



② 加齢による耳鳴り

老化が進むにつれ内耳の蝸牛と言われる場所の機能が低下してしまい高音を聞き取りづらくなっていきます。そうなると脳が高音を聞き取ろうとして神経が過敏になり耳鳴りが起こります。これは高齢者が高音を聞き取りにくいと言われる原因でもあります。



③ 突発性難聴

これは突然どちらかの耳が聞こえにくくなってしまう病気です。耳鳴りだけでなくめまいが起こります。はっきりとした原因は現在は解明されていませんが、内耳の障害やウイルスが原因の循環障害とされています。



④ 騒音性難聴

これは職業性難聴と言われることもあります。長時間の間騒音の下にいることが原因で起こる病気です。その期間が長いほど症状も進行していきます。

騒音により蝸牛内の部位に感覚器障害が起きるのが原因とされています。初期では耳鳴りだけですが、進行していき会話の音域が聞き取りにくくなったころに自覚することが多いようです。突発性難聴とは異なり、両側の耳が聞こえにくくなる特徴があります。



⑤ メニエール病

発病の原因としては、内耳を満たしている内リンパ液が過剰になってしまい内リンパ水腫になってしまうことだと言われています。ですが、なぜ内リンパ水腫が起こるのかは解明されていません。メニエールの発症者が先進国に多く、発展途上国には少ないことからストレスが関係しているのではないかと言われています。

症状としては、突然の目が回るようなめまいと片耳の耳鳴り、閉塞感、難聴が起こります。

めまいが起こる感覚は人により異なり、数日の人もいれば数か月など期間が開く人もいます。この激しいめまいは30分から数時間続くとされています。めまいが落ち着くにつれて耳鳴りや難聴も落ち着いていきますが、回数を繰り返すうちに耳鳴りや難聴は慢性化していくようです。

激しいめまいと同時に吐き気や冷や汗、動悸が起こることもあります。耳鳴りや難聴よりもこれらの症状の方が苦しいとされることも多いようです。


 まとめ

医師


慢性的な耳鳴りの場合は注意が必要です。原因は神経が過敏になったり内耳周辺の機能障害が多いようです。難聴も出ている場合は片方なのか両方なのかで病気の種類も変わりますし、吐き気などの別の症状もある場合はさらに注意が必要です。

ストレスや老化が原因のこともありますが、病気の可能性もあるので長い期間続くようなら耳鼻科での診察をされた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする