糖尿病の初期症状や原因とは?足の異変に要注意!!

糖尿病

生活習慣病として代表的なものといえば糖尿病。「自分には縁のないもの…」と思わずに糖尿病について学んでいきませんか?ここでは、糖尿病の初期症状や原因についてご紹介します。

糖尿病の初期症状について

糖尿病の初期症状

糖尿病は、実は多少血糖値が高いくらいで、全く初期症状のない人がほとんどなんです!!ただ、血糖値の高い状態が続くと、こんな症状が出てくるので、思い当たる節がないかチェックしてみてください!

☆尿の量が多くなる
☆のどが渇いて水分をたくさん飲む
☆体重が減る
☆疲れやすくなる
☆何もしないのに体重が落ちてきた

糖尿病は、症状のないまま進行していくこともあるので、怖いですね…!

糖尿病になる原因とは?

糖尿病の原因

糖尿病とは、「インスリン」が十分に働かないことで、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなっている状態のこと。「インスリン」はすい臓で作られるブドウ糖を下げるホルモンのことで、「血糖値」とは血液中のブドウ糖の量をいいます。健康な人は「インスリン」の働きにより「血糖値」がコントロールされているのです。遺伝的な体質に過食、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣などの要因が加わり、糖尿病が発症するといわれています。

糖尿病は足の異変に要注意!!

足の異変

糖尿病を患った人は、足の異変が重症になって、下肢切断する人が毎年1万人以上いるって事実、ご存知でしょうか?高血糖状態が続くことによって、血管や神経はダメージを与えられていきます。

最初はしびれ、そして、進行すると痛みや痒さを感じにくくなるんです!そして、足にできた小さな傷や靴擦れなどに気付かず、感染を起こして潰瘍となり、さらに壊疽(えそ)と重症化し、足を切断しなければならなくなるケースもあるというわけです。気づかぬうちに糖尿病になっていることがあるので、足の異変には注意しておきましょう。

糖尿病の対策や予防法は?

糖尿病の検査

まず自分の身体の現状を知るために、検査を受けましょう。40歳以上の人は「メタボ健診」もおすすめ。自分の血糖値を知り、問題があれば医師などと面接し、指導をうけることになります。今まで再検査で放置していた人もこれなら改善策までたどりつけるというしくみです。

また、最大の予防は「肥満を防ぐこと」なんです!規則正しい生活、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動により、予防にも治療にもなるんですよ!

糖尿病は症状が出るまでにはかなり進行しているんですね!そして一度かかると一生コントロールが必要なんです。ぜひ検査を受けて生活習慣を見直してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする