男性更年期障害(LOH症候群)になる年齢はいつから?うつや動悸やめまい症状でチェック    

仕事をする男性
40代半ばを過ぎた女性にとって更年期障害はできれば避けて通りたい症状です。ところが、女性の体は加齢とともに女性ホルモンの分泌が減少していき、さまざまな心と体の不調が現れてきます。そのような女性特有の更年期障害ですが、実は男性も発症するのをご存知でしたか?



ここでは、男性の更年期障害(LOH症候群)はいつ頃から発症するのか、そしてその特徴的な症状などを紹介します。ご自分の日常生活をチェックしてみて下さい。

女性だけじゃない、男性にもある更年期障害(LOH症候群)になる年齢はいつから?

更年期障害


男性の更年期障害の正式名は”加齢男性性腺機能低下症候群((LOH症候群)”と言います。字にあるように性腺の機能が低下することによって起こる症状です。男性は精巣で男性ホルモンのテストステロンが作られています。このホルモンは20代をピークにして30代以降は年々、減少していきます。加齢によってテストステロンの分泌が減少していくのは自然なことですが、この減少があまりにも急激であり同世代と比較しても大きく低下すると男性更年期障害(LOH症候群)が発症します。この症状を発症する男性は意外と多く、40代以上では500万人~600万人と言われています。



男性更年期障害(LOH症候群)の症状が現れるのは40歳を越える頃、まさに働き盛りの時期になります。この時期は仕事も忙しくストレスも溜まり、生活習慣が不規則にもなります。そのようなストレスフルな生活が男性ホルモンの分泌機能の低下に拍車をかけていきます。男性ホルモンの分泌を妨げるのは、運動不足や睡眠不足、偏った食生活などの生活習慣の乱れなのです。女性の更年期障害は発症してから10年くらいで症状は落ち着いてきますが、男性更年期障害(LOH症候群)は一時的なものではありません。男性ホルモンを増やすような生活習慣に改善していくことが大切です。男性ホルモンが低下したままですと、生活に活力がなくなり生活習慣病が進行しやすくなってしまいます。

うつや動悸やめまいの症状、男性更年期障害チェック

動悸
まず、ご自分の男性機能が低下していないか、次の項目をチェックしてみましょう。チェックが多いほど男性更年期障害(LOH症候群)の危険性が高まってきます。



①最近、疲れやすくなった

②関節や筋肉に痛みがある

③イライラすることが多くなった

④不安感がある

⑤行動力の減退をかんじる

⑥憂鬱な気分だ

⑦ヒゲの伸びが遅くなった

⑧性欲が低下した

⑨朝立ちの回数が減少した

➉めまいや動悸がある



男性ホルモンのテストステロンの働きは、精子として子孫を残す作用の他にも、血管の健康を維持したり、頭の働きを活性化させやる気を出す作用などがあります。いわば、スタミナやエネルギーの維持に重要な役割を果たしているのです。そのため、男性ホルモンの多い男性は、活動的で仕事もでき女性にモテると言われる所以なのです。男性更年期障害(LOH症候群)は、男性ホルモンの極端な減少によって起こる症状なので、疲労症状が強くなり、やる気の喪失、精神不安、性欲減退、筋力低下、不眠症といった不調が出てきます。これらの症状の中でも、やる気の喪失や精神不安は、記憶力の低下や自信を失うことにつながり、ひどい場合はうつの症状が発症することもあります。



また、筋力の低下は基礎代謝の低下と連動し太りやすい体質になっていきます。慢性的な疲労や運動不足、不眠症はメダボ(内臓脂肪型肥満)になって生活習慣病の危険性が高まっていくことになります。このように、LOH症候群のある方は生活習慣病とも密接な関わりがあり健康寿命(健康で生き生きと生活できる年齢)にも影響してくるのです。


まとめ

男性更年期障害(LOH症候群)は、生活に活力がなくなり病気になりやすくなります。男性にとっては恐ろしい病気と言えます。男性ホルモンは食生活や運動、睡眠など生活習慣を改善することでその分泌を増やすことが可能です。40歳が近くなったら、テストステロンを意識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする