更年期障害のイライラやむくみ、うつや耳鳴り不安感、この症状はいつからいつまで続くの?  

成長
子どもから大人になるまでに必ず訪れるのが思春期です。第二次性徴が始まって終わるまでが思春期ですが、それが終わると成熟期~更年期~老年期とライフサイクルが変化していきます。このライフサイクルに深く関係しているのが女性ホルモンです。



ところで、女性特有の更年期障害はいつ頃始まっていつ終わるのでしょうか?また、更年期障害に似た病気が他にもあるのでしょうか?ここでは、そんな疑問にお答えします。

イライラや耳鳴り、不安感の症状更年期障害かも?

ストレス
女性ホルモンは思春期から分泌が増え、女性の体を女性らしく形づくります。生理前にイライラしたかと思うと逆に気分が晴れたり、胸が張ったり肌の調子がよくなったりなど、さまざまな女性の変化に女性ホルモンが関与しています。この女性ホルモンは思春期から老年期までいつも同じく分泌されるわけではありません。思春期を迎える頃は盛んに分泌されていますが、40歳代半ばからは減少していきます。そして、40歳代も後半になると急激に減少して自律神経のバランスを崩してしまいます。このように、女性ホルモンの急激な減少によって自律神経がパニックを起こし、これまで経験したことのないような症状が発症してくる、それが更年期障害です。



その特徴的な症状は、体がだるくて疲れやすい、頭痛と肩こり、イライラや不安、不眠など体と心の不調が現れます。最近では、生活習慣の変化のため30歳代の若い女性にも更年期障害の症状が現れるケースが増えています。しかし、一般的には40歳半ばから始まる更年期に現れる症状です。この時期にある女性は、体と心の不調が続くようでしたら更年期障害の可能性が高くなります。

更年期障害の辛い症状、いつからいつまで続くの?

夫婦
女性を悩ませる辛い更年期障害ですが、いつまで続くのと悩まれている方は多いと思います。思春期の場合、早熟の子もいれば遅い子もいるように、体質や生活環境によって更年期障害が始まる時期や終わる時期にも個人差があります。最近では、ダイエットやストレスの影響で若い世代にも更年期障害の症状が現れています。ただ、更年期とは閉経をはさむ前後10年くらいの期間のことをいうので、45歳から更年期障害の症状が出たとしたら、だいたいは55歳頃に終わりを迎えます。



ただし、閉経が始まる時期にも当然個人差があり、55歳頃に閉経が始まる方もいます。そうなると、50歳くらいから更年期障害の症状が現れ60歳頃まで続く計算になるのです。閉経が遅い方は、60歳を過ぎても辛い更年期障害の症状に悩まされることもあります。



いかに上手に乗り切るかということが大切です。更年期障害と深い関係にあるのが自律神経のバランスです。自律神経のバランスを崩さないようにすることが、更年期を上手に乗り切る秘訣です。

そのポイントは、食事と運動と睡眠です。規則正しい生活を続けることが大切になります。

更年期障害の症状に似た症状のある病気は?

日本人女性医師


更年期障害が現れる40歳代半ばは、生活習慣病が発症する時期と重なってきます。更年期障害だと思い込んで病院を受診したところ、他の病気が発症していることもあります。よく似ている症状としては甲状腺機能亢進症があります。

これは、バセドウ病と言われる病気で甲状腺ホルモンの異常分泌によって発症します。20代から50代の女性に多くみられる病気です。症状は不眠や不安、いらいら、焦燥感など更年期障害によく似た症状が現れます。そのため、症状だけでは判別がつきにくく婦人科だけでなく甲状腺の専門科の受診も必要になります。

その他にも更年期障害に似た症状は高血圧症があります。ほてりやのぼせ、頭痛、めまいなどの症状が長引く場合は、高血圧症の疑いもあります。また、婦人科系の病気では子宮筋腫や子宮がんにも似たような症状が現れます。また、年齢に関係なく発症する自律神経失調症もよく似た症状が現れます。自律神経失調症はさまざまなストレスが原因で発症しますが、更年期に自律神経失調症を発症すると、女性ホルモンの急激な減少も加わって症状がより一層重くなってしまいます。

まとめ

少年期~思春期~成熟期~更年期~老年期のライフサイクルは個人差が大きく、したがって更年期障害の期間にも個人差が出てきます。また、更年期障害と似ている症状の病気も多くありますので、お一人で悩まず専門医と相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする