心筋梗塞の原因や食事について!検査費用や病院は何科?

心筋梗塞の原因

心筋梗塞は動脈硬化を始めとした循環器系疾患の影響で発病しやすく、日常生活においては食事や運動不足などが主な原因となります。適度な運動は体内の血流を改善し血管の劣化と血栓を防止するのに役立つほか、肥満を解消することで根本的にコレステロールや中性脂肪を落とせるので発病リスクを大きく低下させられます。

心筋梗塞を予防する食事とは?

心筋梗塞の予防法

事前に予防するためには、循環器系の疾患を間接的に抑制できる栄養素を意識して摂取する選択が効果的で、カリウムや食物繊維に加えて血栓の発生リスクを低下できるDHA・EPAが大きな効果を発揮します。また、心臓の筋肉を正常に動かす際はカルシウムも必要となってくることから、乳製品や魚介類などを積極的に取り入れると発病を防ぐ結果へ繋がるでしょう。

心筋梗塞の検査や費用について

心筋梗塞の検査費用

一般的に心筋梗塞は内科の一種である【循環器内科】と呼ばれる診療科で検査・診察が受けられます。設備の整った大きな病院であれば大抵はこれらの専門医がいるため、心臓や血管に問題がある場合は循環器内科の有無を確認しておくと安心です。ただし、発作が強い状況など自力で受診できない場合には、早急に救急車を呼ぶ選択も大切となってきます。

心筋梗塞が疑われる際の基礎検査としては心電図や血液検査があげられ、発病の可能性が高い状況下においてはMRIやCT検査などの高度な技術も使われます。検査費用は原則として保険の適応が可能なので、簡易検査のみであればおよそ5千円前後の負担とされますが、高度な検査や治療を必要とするときは内容に応じてより高額になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする