便秘解消に効く寝方がある?寝る向きでどう違うの? 

うつ伏せ寝
私たちは眠っているとき、一晩のうちに20回~30回寝返りをうちます。ずっと同じ姿勢で寝ているのはつらいことです。寝相が悪いと、肩こりや腰痛、むくみなどの症状が出ることもあります。ところで、寝相と便秘解消に関係があるのをご存知でしたか?

最近、話題になっているのがうつ伏せ寝健康法です。このうつ伏せ寝が便秘解消に効果があります。ここでは、うつ伏せ寝や寝る向きによって便秘が解消する理由や、ご飯を食べてすぐ寝るのは便秘になることなどを紹介します。

スポンサーリンク

便秘解消にはうつ伏せ寝

トイレで長居
便秘で苦しんでいる方にとって、寝る姿勢をちょっと気にするだけで便秘を解消する方法があります。まず一つ目は、うつ伏せ寝です。

うつ伏せは長時間そのまま寝ていると苦しい寝方ですが、10分~15分うつ伏せ寝をして、体をごろごろとするだけで効果があります。うつ伏せ寝は、自分の体重の重さが腸を圧迫しマッサージをしたような刺激があります。ごろごろと左右に動くことで腸へのマッサージ効果をさらに高めることができます。腸をもんで便秘を解消する方法がありますが、うつ伏せ寝は腸もみと同じ効果があるのです。薬に頼らず、お金もかかりません。

腸の内側の壁には、たくさんのリンパ管が集まっています。腸を圧迫し刺激することで、血行が良くなり蠕動運動も活発になっていきます。腸が好むのは、リラックスと安心です。うつ伏せ寝によって、腸に刺激を加えるとともに、リラックスすることが大切です。うつ伏せ寝は、腸の消化や吸収、排便がスムーズになり、新陳代謝も良くなるので肩こりや腰痛なども楽になります。

寝る向きで変わる。左側を下にして寝た場合

横向き寝
二つ目は、左側を下にして寝る方法です。というのは、私たちの大腸は「の」の字のようになっています。左側の部分(S字結腸や直腸)に便が溜まりやすくなっており、左側を下にして寝ることで、この部分に圧力を加えることができます。この部分を適度に刺激し

便秘を解消するのです。

さらに、横向きになって寝ると熟睡することができます。私たちは、熟睡しているときに副交感神経が優位に立ち、腸が最も活発に働いてくれます。そうすることで、夜中に便がしっかり作られ、蠕動運動で運ばれてすっきり排便することができます。右を下にして寝ると、胃の中の食べたものがスムーズに流れ、お腹が張ることがなくなります。



仰向けに寝た場合はどうかというと、これも便秘解消の効果を期待することができます。

このポイントは、仰向けで両足を伸ばし、軽く足を開いて両手のひらを上にします。そして、リラックスして呼吸を繰り返すことです。このリラックスが腸に良い効果をもたらしてくれます。このリラックス呼吸法はヨガの複式呼吸に通じるところがあります。とにかく、腸が苦手にしているのは緊張やストレスです。リラックスしてごろごろと寝返りを繰り返していると、腸には適度な圧迫と刺激が加わっているのです。

ご飯を食べてすぐ寝るのはダメ

仰向け
食べてすぐ寝ることは、体に良いと言われています。体内の食べ物の流れがスムーズになり、消化を助けてくれます。また、肝機能の負担を減らして基礎代謝を高める作用もあります。しかし、これは寝るといっても、15分くらい横になる程度のことです。食べてすぐ睡眠をとってしまうと、便秘になってしまいます。



私たちの体は、就寝しているときに便を作り出しています。夜であれば、副交感神経が活発に働いている22時~2時の間、腸がしっかりと働き排便作業をする時間になります。ところが、食べてすぐ睡眠に入ってしまうと、便を作る働きより、食べ物を消化・吸収する働きに力を注がなければなりません。本来であれば、腸がもっとも働く時間に排泄に関わることをしなければならないわけです。しかし、それができずに消化・吸収が優先された結果、腸内に便が残ってしまい、便の水分も無くなって硬くなり、排便しにくくなっていくのです。食べてすぐは、まだ交換神経が優位になっており、3時間くらい起きていると自然と副交感神経が優位になっていきます。



このように、食べてすぐ睡眠に入ると、自律神経のバランスが崩れて睡眠の質も悪くなり、便秘になっていきます。便秘の解消には、質のよい睡眠が必要と言われるのは、自律神経のバランスに関係しているのです。夜の7時か8時頃までには夕食を終わり、10時から11時までに就寝するというのが理想的です。副交感神経が働いている時間はぐっすり寝て、腸には排便作業に励んでもらい、朝はすっきり快便といきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?寝る向きで便秘を解消することができます。腸は冷えも苦手ですから、お腹は冷やさないようにしましょう。また、食べてすぐ横になるのと、睡眠に入ってしまうのでは、大違いです。自律神経のバランスを崩さないような生活習慣を心かげてください。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする