更年期障害の症状と症状を和らげる改善方法とは?

更年期障害で落ち込む女性


女性は妊娠と出産のできる体を作るために、卵巣で女性ホルモンが作られています。この女性ホルモンは思春期を迎える頃から盛んに分泌されていくのですが、40歳代半ばになるとだんだん分泌量が減っていきます。そうすると、女性の心と体には様々な不調が現れてきます。その不調のことを更年期障害といいます。

ここでは、更年期障害の症状と、その症状を和らげる方法などを紹介します。しかたがないと諦めることなく、生活改善に取り組みながら更年期を上手に過ごしてください。

更年期障害とその症状とは

40過ぎの女性
女性の更年期は40歳代半ばから始まりますが、その頃になると卵巣機能が衰えはじめて、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減少していきます。このエストロゲンには女性らしい体を作る働きがあり、自律神経や脳の働きなどにも深く関わっています。エストロゲンの急激な減少は、自律神経のバランスを崩し、更年期障害の特徴的な症状が現れることになります。


更年期障害の特徴的な症状

のぼせ
若い頃から自律神経のバランスを崩しやすい人は、更年期障害の症状が出やすくなります。特徴的な症状は“体のほてりとのぼせ”、“異常な汗と動悸”です。この症状が続いたときには、そろそろ更年期障害が始まったサインになります。その他にも、体がだるい、疲れやすい、むくみ、頭痛、肩こりなどの症状が現れます。さらに、イライラや不安、不眠、意欲低下といった心の症状も現れます。これらの症状には個人差がありますし、まったく現れない方もいます。

更年期は、夫の定年や子どもの自立など家族関係に変化がある時期です。また、親の介護の問題などストレスが増える時期でもあります。そのようなストレスや生活リズムの変化も更年期障害が現れる原因になります。

最近では、30歳代の若い女性も月経不順になり、更年期障害の症状が現れるケースが増えています。その原因として、ストレスの蓄積や無理なダイエット、不規則な生活が考えられます。女性ホルモンの分泌は卵巣だけでの問題ではなく、脳が深く関わっていることを示しています。


男性にもある更年期障害

男性老い
更年期障害は女性特有ではなく、男性にも現れます。男性の場合はテストステロン(男性ホルモン)の減少によって発症します。このホルモンは、40歳代後半から減少していきますが、ストレスや不規則な生活習慣によっても分泌されにくくなります。そのことによって、疲労感や不眠、イライラ、のぼせ、動悸、メタボといった更年期障害の症状が現れてきます。

更年期障害を和らげたい、改善方法とは?

老婆の手とクスリ
女性ホルモンの分泌を安定させることで、更年期障害は改善されていきます。更年期障害と深い関係にあるのが自律神経のバランスです。自律神経のバランスを崩さないことが更年期障害を和らげることにつながっていきます。


ビタミンやミネラルなどバランスのとれた食事

大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの働きを補ってくれます。さらに、亜鉛やカルシウムを含む食品を摂ることで、更年期の症状を和らげてくれます。また、更年期はコレステロールが増え太りやすく肥満になりやすくなります。脂肪分や塩分の多い食品は避けるようにしましょう。


有酸素運動でストレスを溜めない生活

ストレスを溜め込まず、質の良い睡眠を確保すると自律神経は安定します。そこでおすすめは有酸素運動です。ウォーキングやスロージョギングは、新陳代謝を良くしてストレスも解消され、ぐっすり眠れるようになります。そして、最近の流行は、ゆっくりとした複式呼吸が特徴のヨガです。ヨガは更年期障害に悩む女性にうってつけの運動です。


癒し効果バツグンのアロマテラピー

アロマ
女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは悩の視床下部です。この視床下部では自律神経もコントロールしており、この部分に不調をきたすと、体のさまざまな機能が低下していきます。更年期障害と悩が深く関係している所以です。アロマテラピーの香り成分は、嗅神経から大脳に伝わっていきます。大脳の中でも、自律神経の調整を行っている視床下部に作用して悩をリラックスさせます。この香り成分のリラックス効果が自律神経を安定させ、更年期障害を和らげていきます。


体を冷やさないようにする

冷えは女性の大敵です。冷えは体内の血流を悪くし、新陳代謝が低下して女性ホルモンの分泌も低下していきます。温めのお湯でのゆっくり入浴や、夏でも腹巻をするなど冷房で体温が低下しないようにしましょう。


まとめ

元気な夫婦
更年期障害を和らげ改善していくためには、生活習慣の改善が必要です。ポイントとして食事・運動・アロマ・冷えの4つを紹介しました。他にも、栄養補助食品のサプリメントで栄養バランスをとるのも良いと思います。規則正しい生活習慣は、続けることで効果がアップしていきます。根気強く取り組んでみてください。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする