ストレスが原因?あなたの頭痛の特徴は?

頭痛


今の日本社会はたくさんのストレスを抱えて生活している人がたくさんいます。ストレスは様々な病気や体調不良を引き起こしますが、頭痛もその一つです。頭痛は現代病といわれるほど多くの人が悩んでおり、日本では3人に1人の割合で発症しています。



頭痛がすると脳に何か問題があるのではないかと心配される方もいます。ところが、多くの頭痛は、ストレスや緊張、不安などが大きく関係しているのです。ここでは、頭痛の種類や特徴、そしてストレスと頭痛の関係について紹介します。

頭痛の種類と特徴

頭痛と一口にいってもいろいろなタイプの頭痛があります。痛む場所や痛み方、頻度や男女差などの特徴から3つの種類の頭痛があります。


緊張型頭痛

頭痛の約90%を占めるのが緊張型頭痛で、最も一般的な頭痛です。首を締め付けられるような痛みが毎日、あるいは数日間続きます。多くの場合、肩や首の凝りを伴うのが特徴です。よく言われる頭痛持ちの頭痛は、緊張型頭痛のように慢性的な頭痛を指しています。



この頭痛は、身体的なストレスや精神的なストレスが重なって起こります。身体的なストレスとは、長時間にわたって無理な姿勢や同じ体位を続けていると、頭や肩の筋肉が過度に緊張してしまいます。そのことによって血流が滞り疲労物質が溜まって頭痛を引き起こしています。筋肉が弱い女性の方が男性よりも発症しやすい傾向にあります。



また、職場や家庭でのストレスを感じている人や、パソコンを使用する機会の多い人は発症しやすいです。真面目で几帳面な性格の人や、感受性の強い人なども緊張型頭痛が生じやすい傾向にあります。身体的・精神的なストレスをため込まない生活習慣が、緊張型頭痛の予防になるのです。



緊張型頭痛は、個人差はありますが、慢性的な痛みがある場合は市販の鎮痛剤は効果を発揮しないことが多いです。この頭痛は、筋肉の緊張から血管が収縮して痛みが生じています。痛みを緩和するには、筋肉の凝りを和らげ血流を改善することで徐々に痛みが取れていきます。


偏頭痛(片頭痛)

チカチカ


偏頭痛は、緊張型頭痛の次に多い頭痛で、20代から40代の女性に特に多く見られます。この頭痛の特徴は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、“ズキンズキン”あるいは“ガンガン”と脈打つような痛みが4~72時間続くことです。



痛みがひどいときには動くこともできず、仕事や勉強、家事などが手につかなくなり、寝込んでしまうこともあります。痛みの他にも、光や音、臭いに敏感になったり、胃がムカムカと吐気を伴うこともあります。



偏頭痛には前兆がある場合もあり、頭痛が起こる前に、目の前にチカチカと光るフラッシュのようなものが現れます。また、視野の一部が見えにくくなったり、感覚が鈍くなったり、言語が話しにくくなる症状が出ることもあります。



偏頭痛の原因はまだはっきりと特定されていませんが、頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こしたためと考えられています。ストレスや疲労が誘因となっている他、女性に多いことから、女性ホルモンも関係していると見られています。


群発頭痛

たばこ
群発頭痛は、緊張型頭痛や偏頭痛のように数が多くなく、まれなタイプの頭痛です。この頭痛は20~40歳代の男性に多く発症し、アルコールや喫煙が誘因になることが多いです。飲酒後1時間ほどたった頃に激痛発作が現れるので、お酒の好きな人でもアルコールを避けるようになります。



群発頭痛は、目の奥がえぐられるような激痛で、耐えられないほどの痛みが特徴です。あまりの痛みにじっとしていることができず、動き回らずにはいられないほどの痛み方をします。一度痛みが現れると、毎日のように頭痛を引き起こすようになり、1~2ヶ月くらいは続きます。



群発頭痛の発症メカニズムもまだ明らかにされていないことが多いですが、頭部の血管の拡張が関係していると見られています。目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むと考えられています。


ストレスが原因で頭痛になるメカニズム

アドレナリン
ストレスは私たちの体にいろいろな体調不良を引き起こします。ストレスから頭痛が起こるまでは、ちょっと複雑なメカニズムになっていますが、そこにはセロトニンというホルモン(神経伝達物質)が大きく関わっています。ストレスが原因で頭痛になるメカニズムは次のようになっています。



〔ストレスを受け続けている体は常に緊張状態にあります〕

人はストレスを受けると交換神経が活性化して緊張状態になります。この状態になると 身体からアドレナリンという興奮物質が分泌され、血圧や心拍数を上げてストレスとの戦闘状態に入っていきます。



またこの状態は、身体の中に大量の活性酸素を発生させることになり、頭痛の種である痛み物質を作り出す原因になるのです。ストレスを受け続けていると、24時間交感神経がオンの緊張状態になり痛み物質を作り出すことになります。

セロトニン
〔ストレスを和らげるためセロトニンが分泌されます〕

人はストレスを受けると、ストレスを和らげようとする副腎皮質ホルモンも分泌します。このホルモンは、脳内神経に働きかけてセロトニンを分泌させます。セロトニンは緊張を和らげてアドレナリンのバランスをとる働きをします。そうすることで、血管の収縮と拡張の調整をして精神の安定を促していくのです。



〔ストレスにさらされているとセロトニンの分泌バランスが崩れてきます〕

ストレスを受け続けていると、セロトニンが一気に分泌されてきます。セロトニンには血管を収縮する働きがあり、大量のセロトニンによって血管の急激な収縮が起こります。その収縮のしかたは強烈で血流が途絶えるほどであり、視神経に血流がいかなくなって視界の一部が見えなくなることもあります。



体内のセロトニンの量は、脳内に2%しかなく、8%は血小板、90%は消化器官にあります。脳内のセロトニンと腸内のセロトニンの働きはまったく違い、お互い補うことはできないのです。脳内セロトニンが一気に分泌されると、もともと少ない脳内のセロトニンは一時的に無くなってしまいます。そうなると血管を収縮させることができなくなり、今度は一気に血管が拡張します。



この急激な血管の拡張は、神経を刺激し、血管の周りに炎症を起こしたり、痛みを出したりするのです。この痛みは、血管の収縮と拡張の反動が大きいほど強烈になります。このようなセロトニンの分泌異常を起こさないためには、ストレスを溜めこまない生活習慣を心がけることが大切になります。


まとめ

さわやか
ストレスが原因の頭痛は、脳内セロトニンの分泌バランスが大きく影響しています。おわかりいただけましたか。脳が元気であれば多少のストレスをうけても刺激に耐えることができます。生活習慣を整えてストレスを溜めない体にすることで脳も元気になります。元気な脳は、ストレスを受けても頭痛などの症状を起こさないようになります。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする