スマホ老眼とは?その症状とチェック方法

カフェでスマホを見ている女性
ネット、ゲーム、LINEなど気がつくといつもスマホを使用している人も多いのではないでしょうか。そんな現代人の生活必需品となったスマホですが、”スマホ老眼”という老眼の症状が現れることがあるそうです。今回はそんなスマホ老眼について紹介します。


スマホ老眼?あなたもチェック、その症状と原因とは?



スマホ老眼で現れる症状自体は普通の老眼と同じです。近くのものが見えにくくなります。しかし普通の老眼と大きく違うのが、普通の老眼は老化現象によって発症するのに対し、スマホ老眼はスマホの長時間連続使用による眼精疲労によって発症します。たしかにスマホが出る以前、パソコンやテレビを長時間見たときもなんだか目が疲れる感じがしましたよね。一日中スマホやパソコンの光を浴びた目が疲れてピントを上手く合わせられなくなったときに、スマホ老眼の症状が出るようです。


スマホ老眼とは?

医師と眼鏡
ではなぜパソコンやテレビにときは言われなかったのにスマホだと言われるようになったのでしょうか。それは、目との距離に関係があります。スマホと目の距離はパソコンやテレビと比べても近いですよね。近くの物を見るとき、人間の目はピントを合わせるために毛様体筋という筋肉を使って水晶体を厚くします。グーッと力を入れているイメージです。必要なときに力を入れてピントを合わせるのは物をはっきり見るために必要なことですが、この状態がずっと続くと筋肉も疲れてしまいます。この目の筋肉が疲れて動きが鈍くなっている状態がスマホ老眼です。目の筋肉が疲れているため、近くの物を見るために水晶体を厚くする必要があっても十分に力を加えることができないのです。


こんな症状があったらあなたもスマホ老眼かも。スマホ老眼チェック

女性とスマホ
スマホ老眼は年齢関係なく発症します。もしかしたら自分はスマホ老眼じゃないか?そんな方のために簡単なセルフチェックシートを作りました。ご自身の目のためにも一度確認してみてください。

① 時間が空くといつもスマホやタブレットを操作している。

② スマホやタブレットを操作するとき人よりも目との距離が近い。

③ 目の充血、痛み、腫れ、乾きのいずれかを感じる時がある。

④ スマホ操作した後に顔を上げて遠くを見ると少しぼやけることがある。

⑤ スマホの小さい字は少し離した方が見やすい。

⑥ 夕方になると近くの物が見にくくなる。

スマホを空に掲げる沢山の手
いかがでしたでしょうか?これらの半数以上に心当たりのある方は、一度スマホの使用時間や使用距離などを見直してみると症状が良くなるかもしれません。目は一生使う大事なものなので、無理せずケアしながら使っていきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする