インフルエンザって新生児でもかかるの?赤ちゃんのインフルの症状と対策

新生児
赤ちゃんは、4種混合やB型肝炎なとの予防接種(定期接種)をいろいろ受けなければなりません。しかし、インフルエンザの予防接種は、希望する人だけが受ける任意接種(費用は自己負担)です。ということは、赤ちゃんはインフルエンザにかからないということでしょうか?



ここでは、赤ちゃんとインフルエンザの感染や症状、注意事項などについて紹介します。また、赤ちゃんを持つママたちにとって心配なのはワクチンの副作用です。そのあたりについても触れていきたいと思います。


インフルエンザって新生児でもかかるの?

新生児が泣いている
生まれて間もない赤ちゃんは、お母さんからの免疫がまだ働いています。しかし、インフルエンザはインフルエンザウィルスが原因で起こる感染症です。生まれたばかりの赤ちゃんでもインフルエンザに感染してしまうことがあります。



インフルエンザウィルスは、人の細胞に寄生して飛沫や接触などで感染を広げていきます。

赤ちゃんがインフルエンザに感染するのは、両親や兄弟がなどの家族が家庭内にウィルスを持ち込むことが原因になります。



職場や学校、幼稚園など人が多く集まるところには、インフルエンザウィルスがたくさん存在しています。だから、家族の人は、外出から帰ったときに手洗いとうがいで予防が必要になります。まずは赤ちゃんと接触する機会の多い家族が、しっかりと予防しなければなりません。



寒い冬は、ウィルスが増殖しますし、人の鼻や喉の線毛も働きが鈍くなり、ウィルスが侵入しやすくなっています。



さらに、冬は窓を閉め切って生活するので、感染した人のくしゃみや咳によってウィルスが一気に拡散します。

インフルエンザウィルスが気道の粘膜に付着すると、1日で100万個のものすごいスピードで増殖していきます。免疫力(病気に対抗する力)が弱い赤ちゃんは、簡単にインフルエンザに感染してしまいます。



そのため、乳幼児は生後6ヶ月を過ぎると予防接種を受けることができます。費用は自己負担の任意接種ですが、2回の予防接種が推奨されています。2回接種することで、1回の接種よりもその効果は10倍アップします。また、接種してから抗体ができるまでに2~3週間はかかります。流行する前に受けておきましょう。



インフルエンザの予防接種の副作用は少ないと言われており、これまで重病が起きたという事例はありません。

ただし、卵アレルギーがある乳幼児がワクチンを接種すると、アレルギー反応を起こす場合があるので注意が必要です。


赤ちゃんがインフルエンザになった時の対処と注意事項

高熱が出た新生児
赤ちゃんがインフルエンザに感染すると、大人と同じように38℃以上の高熱が出て

悪寒やふるえ、嘔吐や下痢などの症状があります。赤ちゃんは言葉を話すことができないので、ついつい感染の症状を見逃してしまうことがあります。インフルエンザのシーズンになったら、お母さんは赤ちゃんの体調の変化をしっかりと見てあげる必要があります。高熱は体温計で計ればわかりますが、グズグスしていたり食欲がなくなったりなど、お母さんの勘が大切になります。

赤ちゃんは大人と比べて病気への抵抗力が弱いため、インフルエンザに感染すると重症化し合併症を起こす心配があります。乳幼児で最も怖いのはインフルエンザ脳症です。意識障害や熱性けいれんなどを伴い死に至る危険性もあります。



また、赤ちゃんがインフルエンザに感染したことで体力や抵抗力が低下し、肺炎や気管支炎などの合併症を引き起こすこともあります。

インフルエンザの治療薬としてタミフルやリレンザが用いられますが、病院を受診すると医者が年齢や病状に応じて、解熱剤を含め適切に処方してくれます。



お母さんが気をつけることは、下痢や嘔吐で脱水症状を起こすので、水分を十分に補給してあげることです。また、部屋が乾燥するとウィルスが活性化するので、湿度は50%前後に保つようにします。布団も一枚多くかけるなど、赤ちゃんの保温も大切です。重症化を防ぐためには、まずいち早く病院へ行くことです。


まとめ

雪景色


毎年、冬にはインフルエンザが流行しますが、できれば赤ちゃんには感染させずに乗り切りたいものです。そのためには、家族も赤ちゃんも予防接種を受けて免疫力を高めておくことをおすすめします。さらに、手洗いやうがいを励行して、家庭内にウィルスを持ち込まない努力も必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする