「妊婦のインフルエンザ、妊娠初期~後期時期別にみる対処法

妊婦
本格的に寒くなるこれからの季節は、インフルエンザの流行のシーズンです。インフルエンザウィルスは低温で増殖し、乾燥していると活性化します。インフルエンザは、かぜにくらべて感染力が非常に強く、突然40℃近い高熱を出します。



ところで、妊娠している女性にすれば、インフルエンザの感染はぜひとも予防したいところです。しかし、予防接種を受けていてもインフルエンザに感染することをご存知でしたか?ここでは、妊娠している女性がインフルエンザにかかってしまったらどうするか また、妊娠中の予防接種の安全性についてご紹介します。


スポンサーリンク

妊婦(妊娠初期)でインフルエンザ、薬飲んでいいの?その対処法とは

新芽


女性は、妊娠するとホルモンのバランスの変化により免疫力が低下します。また、妊娠初期はつわりによって、通常より体力が低下しています。このように、妊娠初期は抵抗力と体力が低下しインフルエンザに感染しやすい状態になります。



妊娠初期は、お母さんのお腹の中で赤ちゃんの体がつくられていく大切な時期です。もし、妊娠初期にインフルエンザに感染したらどうするか?薬の服用と対処法について説明

します。


インフルエンザの治療薬を服用していいのか

タミフル
インフルエンザの治療薬は、タミフルとリレンザが一般的ですが、これらの薬を服用してお腹の赤ちゃんに影響が出たという事例はありません。インフルエンザの治療薬だけでなく、病院で処方される薬を飲んで赤ちゃんに影響の出る薬はありません。インフルエンザの症状が出たら、まずは早めに病院へ行くことをおすすめします。



お医者さんは、女性の症状を確認し妊娠していることを十分に考慮し、インフルエンザの特効薬であるタミフルやリレンザを処方するかどうか判断します。治療薬は、発症後48時間以内に服用することでウィルスを抑える効果が高まります。



いろいろな薬をむやみやたらに服用していると中には抗生物質などが悪さをする可能性がありますが、インフルエンザの治療薬は安心です。かえって、薬を飲まないでインフルエンザの症状を悪化させる方がお腹の赤ちゃんには影響があります。


対処法は



妊娠初期は、抵抗力や体力が低下しているので、インフルエンザに感染したときに重症化する心配があります。そのため、いち早く病院へ行くことが大切です。その際には、産婦人科に行くと他の妊婦さんにウィルスを感染させる心配があるので、内科の方が良いです。



そして、処方された薬を飲み、安静にして休息をとり、栄養もしっかり摂ることです。また、部屋が乾燥しているとウィルスが活性化するので、湿度は50%前後に保ちましょう。


妊婦(妊娠中期~後期)のインフルエンザの対処法

妊婦お腹
妊娠中期~後期のお腹の赤ちゃんは、体も育って安定してきています。しかし、赤ちゃんが成長するに従い、お母さんはより多くの酸素を赤ちゃんに送らなければなりません。そのため、お母さんの心肺機能は、これまでよりも負担がかかり体力が消耗しています。また、妊娠中はホルモンバランスの変化で妊娠中期~後期も免疫力が低下しています。



この時期にインフルエンザに感染すると、発熱によって羊水の温度が上がり、赤ちゃんの心拍が早まります。また、咳を激しくすることで強い腹圧がかかり、お腹が張る原因にもなります。感染の症状が現れた時には、早急に病院に行き解熱剤や咳止めなどの相談をしてみましょう。



予防接種をしていてもインフルエンザに感染することはありますが、症状は軽く済みます。さらに、発症して48時間以内にインフルエンザ治療薬を飲むことで、重症化することを防ぐことができます。妊娠が進み終盤になるほど重症化しやすくなるので注意が必要です。



インフルエンザに感染した時は、妊娠の初期・中期・後期にかかわらず、大切なことは安静と休養、栄養補給、そして処方された薬をきちんと飲むことです。


妊娠中のインフルエンザの予防接種ってして大丈夫なの?

妊婦注射
インフルエンザのワクチンは、死んだウィルスを使用して作られているので毒性はありません。妊娠中に予防接種をうけても問題はありませんし、接種時期も妊娠の全期間で可能です。妊娠中はインフルエンザが重症化しやすいので、予防接種を受けて予防することをおすすめします。



ただし、予防接種の目的は、感染したときに症状が軽く済むようにすることです。予防接種を受けてインフルエンザにはかかりますし、接種後に抗体ができるまで約2週間かかります。ですから、感染しないように免疫力を高め うがいや手洗いなどを励行し予防に努めることが大切です。免疫力を高めるポイントはバランスの良い食事と適度な運動、質の睡眠の3つです。



インフルエンザは冬に流行するのが定番ですが、しかし、世界にはいろいろな型のインフルエンザウィルスが存在しています。中には暑さに強いウィルスもあり、夏場にインフルエンザが発症しています。日本には多くの外国の方が来ているので、夏でも注意が必要な時代です。


まとめ

ママの手に包まれた赤ちゃんの足
いかがでしたか。妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響が気になり神経質になります。しかし

現在では、インフルエンザの治療薬もワクチンも赤ちゃんへの影響はありません。心配なときには、病院で相談することが一番です。そして、家族みんなで協力してインフルエンザの予防に努めることが大切なことです。

インフルエンザだけでなく、妊娠中に内科などにかかった場合は、妊娠している旨を医師に伝えると対応してくれます。妊娠中の薬は絶対飲めないということはないようです。早めに医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする