回転するめまいがツライ・・めまいの原因と治し方

めまい
立ち上がった瞬間に頭がふらっとするたちくらみは、どなたも経験することだと思います。このたちくらみもめまいの一つですが、めまいにはいくつか種類があるのをご存知でしたか?めまいの中には重症な病気と関係している場合もあります。



ここでは、回転するめまいについて、その原因や症状、対処法についてご紹介します。また、めまいが引き起こす病気や、めまいとストレスの関係についても触れていきます。


スポンサーリンク

めまいの原因と症状

視界ぐるぐる
まず、めまいの種類と、回転するめまいの原因と症状について説明します。

①3つの種類のめまい

めまいには種類が3つあります。一つは、自分の周りのものがぐるぐると回転するような”回転性のめまい”です。二つ目は、自分の周りのものが揺れて,フワフワと歩いているような”動揺性のめまい”です。三つ目は、目の前が真っ暗になり意識を失いそうな”眼前暗黒感のめまい”です。たちくらみは、眼前暗黒感のめまいになります。


②回転するめまいの原因

ぐるぐる回転するめまいは、耳の奥にある平衡感覚を調整する”三半規管”のトラブルが原因です。三半規管のトラブルが明らかな場合は、耳鼻科で原因がわかりますが、そうでない場合は他の病気との関係も疑う必要があります。



しかし、耳鼻科で診察を受けても原因がわからないという場合は、心因性のめまいが多いです。心因性のめまいの場合は、現代社会特有のストレスや疲労が原因になります。ストレスや疲労から自律神経のバランスが崩れ、内耳や脳幹の働きを鈍らせ、めまいを起こします。



自律神経の乱れを起こすと、血流が滞り新陳代謝が悪くなり様々な体調不良を引き起こします。回転性のめまいも、体全体の血流が悪くなることで発症します。フワフワと揺れる動揺性のめまいもストレスによる自律神経の乱れが原因になることが多いです。自律神経失調症の代表的な症状の一つは、めまいです。



回転するめまいの代表的な病気に”メニエール病”があります。これは、激しい回転性のめまいに耳鳴りや難聴などを伴います。メニエール病は、10万人に15~30人の割合で発症しますが、なぜ内耳に不調を起こすのか原因は不明です。しかし、メニエール病を発症する患者さんの8割は、ストレスをきっかけに発症しています。


③回転するめまいの症状

回転するめまいの症状は、起き上がる時や寝返りをする時、頭の位置を変えた時などにぐるぐると目が回ります。その際、一時的に目がかすみ、歩行がふらつく、頭痛などを伴います。また、メニエール病のように吐き気や耳鳴りを伴う場合もあります。めまいの症状は、すぐに治ることもあれば、数時間継続することもあります.


めまいが引き起こす病気

暗闇
心因性のめまいは、車酔いの時と同じ程度の吐き気が伴うくらいなので、ほとんど心配はいりません。しかし、本当に心因性なのか、他の病気のせいではないのか、そのあたりの見極めが必要です。めまいや耳鳴りなどが続いて不安な時は、まず医者の診察を受けましょう。



めまいの症状は、隠れた病気のシグナルの場合があります。めまいの原因が耳であれば生命の危険はありませんが、大脳や小脳、脳幹などの出血や梗塞が原因のときは危険信号です。めまいに伴って吐き気や動悸、意識障害などがみられるときは、脳出血のことがあります。



また、突然にして一方の耳が聞こえなくなる(突発性難聴)こともあります。脳の動脈硬化や頚椎に異常がある場合、また低血圧の時などもめまいや動悸などが現れます。めまいは、体の異常を知らせるシグナルですので注意が必要です。


めまいの対処法

ジョギング
病院へ行くと、回転するめまいとそれに伴う吐気などを軽減する薬を処方してくれます。しかし、これらの薬は副作用を伴うことがあるので、心因性のめまいの場合は普段の生活の中で予防法をとることをおすすめします。



普段の生活でのポイントは“ストレス対策”です。めまいの対処法は、ストレスと疲労による自律神経の乱れを改善することです。そのためには、バランスの良い食事・質の良い睡眠・適度な運動が必要です。食事のポイントは、良質なタンパク質を摂るために肉類や魚、大豆食品、牛乳などを摂ることです。また、腸内環境を整える効果のある乳酸菌飲料や発酵食品などを摂ることで血流が良くなります。



ウォーキングやスロージョギングのような軽い運動は、体の老化を防ぎストレス解消にもなります。ゆっくりと温めのお湯に入浴し体を温めることで疲労回復効果を高め、熟睡につながっていきます。日中も体を冷やさないことがストレスを溜めないことにつながります。規則正しい生活をすることで、質の良い睡眠で寝不足を解消してくれます。


まとめ

張り切って仕事する


現代は、仕事や職場環境などでストレスを抱えている方がたくさんいらっしゃいます。とくに、男性、女性とも30歳~40歳の働き盛りの世代にストレスが多く、疲労が蓄積していきます。毎日の生活の中でいかにストレスを解消していくか、それが健康維持のためには大切なことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする