歯周病はキスで感染してうつる?歯周病になる原因

歯周病はキスで感染するイメージかつて歯周病は、歯茎から膿が出るという症状から歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていました。歯周病は、成人の約80%がかかっていると予想されており”口の生活習慣病”と言われています。



歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。感染ということは、インフルエンザのように人から人へ感染するのでしょうか?歯の病気が人に感染すると聞くと不安になる方もいらっしゃるとことと思います。ここでは、歯周病の原因や感染、予防方法などについてご紹介します。

歯周病は人から感染する!感染の原因

歯周病は人から感染するイメージ 歯周病は、人から人へうつる感染症です。歯周病の原因となる細菌が、人から人へうつっていきます。その細菌は”唾液”を介してうつるため、歯周病に感染している人とキスをしたり、食器などを一緒に使うと感染する可能性があります。



歯周病は、一般的に垂直感染(親子間)、水平感染(夫婦間、恋人など)で起きる可能性があります。おじいちゃんやおばあちゃんが、孫の赤ちゃんに口移しで食べ物を与えようとして、娘に咎められるのは水平感染を防ぐためです。子どもの口の中は、細菌が少ないため
歯周病菌に感染する可能性が高くなります。逆に大人は、口内の細菌が多いため感染する可能性は低くなります。



歯周病菌は感染する期間が長く、大人になっても周りの人に感染させる可能性はありますが、ほとんどは親子や夫婦間での感染です。歯周病を多く持っている親の子どもは、親と同じ歯周病菌を持つ確率が高くなります。子どもの歯周病を防ぐ第1歩は親や家族の口腔ケアが大切になります。



人の口の中には、300~500種類の細菌が常駐しています。砂糖を摂取したり食事の後に歯磨きを怠たっていると、たくさんの細菌たちがネバネバした物質を作り出します。これが歯にくっつくと歯垢(プラーク)と言われ、虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。



この歯垢の中には10億個の細菌が住み着き、歯肉に炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かし、やがては歯を失うことになります。歯垢は放置すると歯石に変化し、歯の表面に頑固に付着します。歯石になるとブラッシングだけでは除去することができません。歯石に入り込んだ細菌は、歯周病を進行させる毒素をいつまでも放出し続けます。

感染を予防する方法

歯周病と歯周病予防のイメージ 歯周病は予防ができますし、治療も可能です。しかし、成人の約80%が歯周病菌を持っている現状で、一番感染しやすいのは1歳~2歳の乳幼児です。ここでは、感染を予防する方法と、歯周病の危険因子について紹介します。

①感染を予防する方法

歯周病はキスで感染すると説明しましたが、しかし、実際には、ほとんどの大人は親や家族からすでに感染させられているので、大人同士が新たに感染することはありません。大切なのは、大人から乳幼児へ感染しないように注意することで、大人から大人への感染対策は取りようがないと言えます。



大人の歯周病の場合は、痛みに気づかないうちに進行することがあります。感染を予防するうえで大切なことは、夫婦で、家族で歯周病を予防し治療することです。歯周病の予防と治療の基本は”歯磨きと定期健診”です。



まずは歯周病菌が悪さをしないよう歯垢をためないことが大事です。そのためには日常的な歯磨き、食べたらすぐ磨く習慣が大切です。歯磨きで効果がでないときには、歯科医師や歯科衛生士に歯磨き指導を受けることをおすすめします。



また、定期的に歯科医師を受診し、口内ケアをするとともに歯垢や歯石が溜まっているときは、プロのメンテナンスを受けると良いと思います。

②歯周病の危険因子

歯周病は歯垢や歯石が原因となるだけでなく、さまざまな要素が歯周病の進行を加速させます。よく言われているのが、歯並びが悪いと歯磨きが行き届かず歯垢がたまりやすくなることです。また、喫煙する人は、統計的に歯周病にかかりやすいとのデータがあります。これは、歯茎が血行不良を起こし歯肉が硬くなるためと考えられています。



他にも、口呼吸をすると口の中が乾き、唾液減少で歯垢が付きやすくなります。ストレスも唾液が減少して歯垢が付きやすくなります。かみしめや、食いしばり、歯ぎしりなども歯への過剰な負担となり歯周病を引き起こしやすくなります。

ポイントは歯周病を予防すること

歯周病を予防するポイントイメージ 歯周病は、決して他人事ではないことがおわかりいただけましたか? 歯周病菌は人から人へ感染しますが、ほとんどの大人はすでに歯周病菌を持っています。大切なことは、歯周病を発症しないよう予防し、専門医と相談しながら治療することです。そして、大人が乳幼児に歯周病菌をうつさないことが最も大切なことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする