「重度の歯周病が及ぼす体への影響!歯周病を治すには」  

重度の歯周病が及ぼす体への影響!歯周病を治すには

歯痛 一般的な歯周病は、40歳前後に発症することが多いと言われ、歯を失う原因の80%が虫歯と歯周病です。歯そのものが壊されていくのが虫歯で、歯茎や骨が歯周病菌で侵されていくのが歯周病です。歯周病は生活習慣によって発症することが多いため、生活習慣病に認定されています。

ところで、歯周病は歯を失うだけでなく、全身にも影響を及ぼすことをご存知でしたか?実は口腔と体の健康には密接な関係があるのです。

ここでは、歯周病がなぜ全身疾患を起こすのか、どんな疾患が心配されるのかなどについてお教えします。


なぜ歯周病が全身疾患を起こすのか

歯周病 口の中には300~500種類の細菌が生息していますが、普段は害もなく大人しくしています。しかし、歯磨きをおろそかにしていると細菌が活性化し、歯の表面に歯垢(プラーク)を作ります。歯垢の中には10億もの細菌が住み、その中には歯周病菌を始めとして歯周病に関わる細菌も数多くいます。



歯周病菌は毒素を出しますが、その毒素によって歯茎に炎症が起こります。さらに、その毒素は口の中だけにとどまらず、歯肉の毛細血管から大きな血管へと入り込みます。毒素は血液循環で心臓に送られて全身に回ることになります。

このようにして、全身に回った歯周病菌の毒素が悪さをするようになり、様々な健康障害や全身疾患を引き起こしていきます。



歯周病はたちが悪く、初期段階では自覚症状がありません。そのため、知らず知らずのうちに歯周病が進行していることがあります。

歯茎からの出血で気づいときには、かなり進行していることが多く、抜歯しかないということも稀ではありません。歯肉が腫れて炎症を起こしているような重度の段階では、歯周病菌や毒素は血管から体内に入り込んでいます。

歯周病が招く疾患・影響

病気

最近の研究では、歯周病菌の毒素が血管を巡り、全身的な悪影響を及ぼすことが明らかになってきています。歯周病が招く疾患・影響は、次のようになります。

歯周病が招く疾患

歯周病は、糖尿病・心臓血管疾患・脳梗塞・肺炎・消化器系疾患・認知症・メタボ・低体重児出産など、全身の健康に影響します。この中にあって糖尿病は、特に密接な関係にあり、お互いに悪影響を及ぼしています。糖尿病は歯周病を治療することで改善するということは事実であり、歯周病は糖尿病の合併症の一つとされています。



また、心臓血管疾患と歯周病の強い関連も示唆されています。歯周病の毒素が血液で心臓に運ばれ、心臓の血管内に血栓を作ることが分かっています。歯周病を治療することで心臓血管疾患を予防することができます。



重い歯周病にかかる人ほどメタボ(内臓脂肪症候群)になる確率が高いことも分かっています。これは、歯周病になると噛む力が落ち、栄養のバランスが崩れるためと考えられています。メタボになるリスクは、歯周病の男性で1.3倍、女性で1.5倍になります。

歯周病と健康寿命

健康寿命とは、介護を必要とせず自立した生活をできる期間のことを指します。男性では9年、女性では13年になります。歯周病は、糖尿病・心臓血管疾患・脳梗塞などの発症に深く関わっているので、健康寿命にも影響を及ぼしています。

自分の歯がたくさん残っている人ほど、全身疾患のリスクが低く、元気に長生きできるというデータがあります。歯の健康と健康寿命は深く関わっているのです。


歯周病の治療

自分の口や歯に合った歯ブラシでのブラッシングは歯周病予防の基本です。しかし、歯周病の原因である歯垢や歯石は、毎日行なう歯磨きだけでは完全に除去することはできません。

定期的に歯科医院に行き検査を受けることをおすすめします。3ヶ月に1回、プロのクリーニングを受け、後はセルフケアでも十分です。

歯周病を発症したとしても治療で治ります。軽度であれば、麻酔をかけずに機械で歯石を取ります。中度以上になると麻酔を使うことが多くなり、重度になると歯茎を切り開いて歯石を取り除くことになります。

いずれにしても、大切なのは、セルフケアと定期健診、治療、メンテナンスになります。

 まとめ

たかが歯周病と侮ることはできません。全身の健康にも関係があり、歯が多く残ることで健康寿命が違ってくることは、非常に大切なポイントです。口の老化は体の老化にもつながっていきます。全身の健康のためにしっかりと歯周病の予防と治療を行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする