「筋トレで冷え性を改善する|筋肉と冷え性の関係」

冷え性に悩む女性のイメージ
手先や足先が温まらない冷え性にお悩みではありませんか?寒い時期には布団に入ってもなかなか眠れずに苦しんでいる方も多いと思います。

しかし、この冷え性は筋肉量に密接に関係しています。冷え性と筋肉の関係、トレーニングについてご紹介します。


スポンサーリンク

筋肉と冷え性の関係について

筋肉と冷え性画像イメージ
冷え性になる代表的な原因として自律神経の乱れや衣服の問題、筋肉量不足が挙げられます。自律神経の乱れは、夏場の室外とエアコンによる室内の温度差によって、身体を冷やしたり暖めたりすることによって発生します。また小さめの衣類を着用すると末端の血行を悪くしてしまうことも原因となります。



しかし冷え性の一番の原因は筋肉不足にあります。血液は心臓をポンプとして送り出されますが末端に送り届け心臓に戻すためには筋肉の助けが必要になります。筋肉が不足していると血液の循環がうまくいかず手足の末端が冷える症状、冷え性が発生してしまいます。

それではどのような対策が有効か、を紹介します。


筋肉をつけて基礎代謝を上げる!冷え性の対策

冷え性の対策として筋肉トレーニングを行って、筋肉量を増やしましょう。。ここで基礎代謝とは心臓を動かすとか、呼吸をするなど人間が生命を維持するのに必要最小限のエネルギー代謝を表します。筋肉トレーニングを行うと筋肉が増えて筋力もアップしますが、数字でわかりにくいのが難点です。



しかし基礎代謝は最近の体重計で測定することができ、筋肉の増え方を基礎代謝という数字で管理することができます。この基礎代謝は一日に消費されるエネルギーの70%と言われていて、筋肉をつけと基礎代謝があたり血液が末端まで循環され、冷え性対策に大きな効果が期待できます。


筋肉量を効果的に増やすトレーニング方法

筋肉量を増やすトレーニングイメージ
運動にはランニングやジョギングなどの有酸素運動、筋肉トレーニングに代表される無酸素運動のおおきく二つがあります。筋肉量を増やすには筋肉トレーニングが必要です。効果的に増やすトレーニングを紹介しましょう。



なお筋肉量を増やすには大きな筋肉を鍛えるとは短期間で増やすことができます。具体的に鍛えるべき筋肉は足(大腿四頭筋)、尻(大臀筋)、胸(大胸筋)、背中(広背筋)です。



①ひとつめのトレーニングは、足(大腿四頭筋)、尻(大臀筋)が鍛えることができるスクワットです。立った状態で肩幅程度に足を広げ、ゆっくりと腰をおろし、またゆっくりと元に戻るトレーニングです。



②つづいて胸を鍛えるには腕立て伏せです。肩幅よりこぶし二つほど広く手をついて、ゆっくりとおろし早く上げます。膝をついて行っても大丈夫です。



③最後に背中を鍛えるには、重みのある道具が必要ですのでダンベルや水を入れたペットボトルを準備します。四つん這いになって片手でペットボトルを持ち上げます。持ち上げるときは肩甲骨あたりの筋肉が動いていることを確認してください。



筋肉トレーニングを行う回数は人それぞれですが、まずはできなくなるまでの回数を数えて見てください。筋肉は十分に負荷をかけることによって増やすことができますのでできなくなる回数を増やすように、継続することで筋肉を増やすことができます。


筋肉量不足で冷え性改善!

冷え性の原因のひとつは筋肉量不足で、血液の循環がうまく行っていないためです。筋肉トレーニングを行うことで改善できます。

ただし数回筋肉トレーニングをすることで急に改善するようなことはありませんので、ゆっくり楽しみながら継続してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする