コレステロールが低い!低い原因と改善する方法



shutterstock_216400051
コレステロールには2種類存在しLDLコレステロールと呼ばれる悪玉コレステロールとHDLコレステロールと呼ばれる善玉コレステロールです。

2種類のコレステロール基準値のバランスが乱れると病気や体調不良、健康を損ねます。コレステロールは脂質の1種で細胞の働きやホルモンの材料になる重要な栄養分です。コレステロールは肝臓で作られ増加しすぎると血中に溜まり動脈硬化を引き起こす原因になります。


スポンサーリンク

高いのも低いのも良くない!総コレステロール値の基準値

高いのも低いのもカラダに良くない、総コレステロール値の基準値は男女平均値60~119ぐらいと言われます。

一般的にLDLコレステロール値が高いとカラダに害を及ぼす可能性が高まります。その為にコレステロール値が低いと良いと言われています。



① HDLコレステロールの働きには

HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれ、余分な栄養素を肝臓に戻す働きがあります。

② LDLコレステロールの働きには

LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれ、栄養素を体内に運ぶ働きがあります。


栄養不足が原因?低コレステロールを招くポイント

shutterstock_136301591
低コレステロールを招く原因には

① カラダに必要な栄養不足

低コレステロールを招く原因は栄養不足が考えられます。日頃から動物性食材の肉や魚、卵などの摂取量が不足しています。

② 消費するエネルギーが多い方

肉体労働や激しい運動、トレーニングを行っている方はエネルギーの消費が激しい為により多くの栄養成分を食べる必要があります。

③ 食生活が低カロリーの食事をしている

食生活が低カロリーの場合、カラダが吸収している栄養不足で低コレステロールを招きます。女性やダイエットを行っている方は注意が必要です。

④ ベジタリアン

ベジタリアンの方は日頃から野菜中心の食事を心掛け、動物性食品を食べないのでカラダのコレステロールが不足しています。

⑤ アレルギーをお持ちの方で動物性食品が苦手な方

カラダにアレルギーをお持ちの方で動物性食品が苦手な方は体内のコレステロールが不足しやすいです。


低コレステロールの改善方法

shutterstock_341024249
低コレステロールの改善方法には

① 食事で卵を食べる

毎日の食生活に卵を取り入れることで体内のコレステロール値が改善されます。

② オリーブオイルや亜麻仁油の摂取を避ける

オリーブオイルや亜麻仁油にはオレイン酸やαリノレン酸が含まれコレステロールを分解する働きがあります。低コレステロールの方は控えると改善されます。

③ 偏食を避け食生活を整える

偏食を避け食生活を整えることで栄養バランスが保て、低コレステロールを改善することが出来ます。

④ 栄養価やバランスを見直す

食事の栄養価やバランスを見直すことで低コレステロールを改善出来ます。野菜中心の食事の中に肉や魚、卵などを取入れ身体の健康を保つことが重要です。


コレステロールの基準値を維持するには

コレステロールの基準値を維持することで健康が保たれています。コレステロールは高すぎても低すぎても健康に良く在りません。ご自身の体内コレステロールの基準値を把握して置くことが重要です。