脳貧血の症状は頭痛や吐き気? 対処法はコチラ

脳貧血 原因

頭痛や吐き気の症状がある場合は、脳が貧血になっていることがあります。ただの貧血だとは思わずに、しっかり意識しておきましょう。

スポンサーリンク

脳貧血の症状は?

貧血の対処法

脳貧血の症状は、頭痛や吐き気、冷や汗、めまい、耳鳴り、立ちくらみ、失神などです。脳貧血は、十分な血液が脳に行き渡らなくなることで起こります。血圧が低下することで、脳循環不全になります。

脳貧血は低血圧の一種であり、急に立ち上がった時によく起きます。症状として、頭痛や吐き気なら、なんとか自分で対処できますが、失神すると転倒してしまう危険性があるので注意が必要です。

対処法や応急処置について

脳貧血の症状

脳貧血の対処法としては、とにかく横になれるようであれば横になることです。我慢して立ったままでいると失神して転倒する危険があるので、横になることができないなら、しゃがみます。脳貧血になったときは、落ち着くまで横になるか しゃがむことです。意識がなくなってしまった場合は、周りの人がすぐに救急車を呼んで病院へ連れて行きましょう。その際、応急処置として、着衣を緩めてあげて、血流をよくしてあげることです。

脳貧血は、長時間の立ち姿勢が引き金になることが多いので、そうした姿勢を要する場合は、事前に注意しておきましょう。脳貧血は、自律神経の調節がうまくいっていないので、普段、急に立ち上がったり、急に起き上がるようなことは、できるだけしないことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする