喉の口内炎は性病が原因!? 症状や食事での治し方について

喉の奥 口内炎

口内炎というと口の中だけで起こる症状のように思いますが、喉の奥にできる口内炎があります。喉の口内炎については、感染症が原因であることもあり、ウイルス性口内炎のケースもあります。

スポンサーリンク

喉の口内炎は性病が原因!?

口内炎の原因

喉の口内炎も一般的な口内炎と同じ理由で起こるのですが、梅毒や淋病、クラミジアなどの性行為感染症による口内炎の場合もあり、性病が原因であることもあります。そうした場合、赤いただれやびらんなどの症状が見られ、発熱を伴うことがあります。カンジダ性の場合、白い苔状の斑点が出る症状が露呈します。

口内炎の予防には、免疫力を高めることが大事なので、ストレスを溜めないようにし、規則的な生活を送るようにすることが大切です。ウイルスの感染を防ぐには、うがいや手洗いを励行し、口の中を常に清潔に保つことです。

食事での治し方は?

ビタミンB群 食べ物

喉の口内炎を食事で治すには、粘膜を強くする必要があるので、ビタミンB群を含む食事が良いです。口内炎によく効くビタミンB2を多く含む食品を摂るとよく、魚では、うなぎ、いわし、さば、さんま等の青魚が、肉ではレバーなどがおすすめです。納豆、しいたけ、わかめなどもよく、これらの食材を普段からバランス良く摂取するようにすることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする