若年性脳梗塞の原因や症状、治療について

若年性脳梗塞の対処法

若年性脳梗塞は、45歳以下の若い世代で起こる脳梗塞であり、その発症や原因にも特徴があります。さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

若年性脳梗塞の原因とは?

脳梗塞 症状

若年性脳梗塞の原因は、動脈硬化などの血管障害ではなく、生活習慣病を起因とする物が多いです。特殊な病気を原因としている場合もあり、脳の動脈が狭まったり閉塞したりすることで毛細血管が詰まりやすくなり、脳梗塞を発症する場合があります。

血液が固まりやすくなる病気にかかっている場合でも、脳梗塞のリスクが高まります。若年性脳梗塞は、スポーツ中の事故などで、首や頭に衝撃が加わることで起こるケースもあります。

症状や注意について

ろれつが回らない

若年性脳梗塞の症状は、一過性脳虚血発作を起こすことが多く、突然起きた血栓や一時的な血管の閉塞により、通常の脳梗塞と同じような症状が数分から数十分程度続きます。症状は比較的すぐになくなるので、治ったと勘違いして軽視する傾向にあるので、注意が必要です。体の半身麻痺やしびれなどの感覚障害のほか、ろれつが回らないなどの異常が表れます。

若年性脳梗塞の治療は?

若年性脳梗塞の原因

若年性脳梗塞の治療は、急性期の場合、血管の詰まりの元となる血栓を溶かす薬を使用します。慢性期の場合の治療は、再発防止も視野に入れ、薬物療法を中心とした治療になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする