脳梗塞の症状は頭痛やいびき? 治療方法や手術について

手術の方法

脳梗塞の症状は頭痛やいびきとよく言われます。脳梗塞の種類には色々ありますが、症状は似通っていて、ろれつが回らなくなったり、体の片側がしびれて思うように動かせなくなるという症状が一般的です。

スポンサーリンク

脳梗塞の症状は頭痛やいびき?

脳梗塞の症状

脳梗塞には前兆があり、これを一過性脳虚血発作と呼んでいます。この場合の症状としては、突然のいびきや頭痛などに襲われます。場合によっては、手足のしびれや突然、目が見えにくくなることもあります。

頭痛やいびきは、1時間以内、もしくは長くても1日内に消えるのですが、放置すると数年後には2割~3割の人が脳梗塞を引き起こすことになるので注意しないといけません。

治療方法や手術について

脳梗塞の治療

脳梗塞の治療法としては、まず内科的治療があります。急性期の場合、血管内カテーテルを用いてウロキナーゼを局所動脈内投与する血栓溶解療法が処置されます。慢性期になると、血圧が上がらないようにする薬や、血栓ができないように防ぐ薬を投与します。血液の循環をよくする薬などもよく使われます。

脳梗塞の状態が酷くなり、脳につながる動脈が狭くなっていたり、血栓がある場合、血管内膜切除術という手術を施します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする