【高齢者の脳梗塞】 原因や症状、食事療法を紹介

高齢者の脳梗塞

高齢者の脳梗塞の原因は、動脈硬化などの血管障害によることが多いです。高血圧や糖尿病などの生活習慣病により、プラークがたまった血管に詰りが起きてしまうことで起きやすくなります。ここでは、症状や食事での治し方についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

脳梗塞の症状や前兆は?

脳梗塞の治療法

脳梗塞の症状としては、めまい、まひ、しびれなどです。これらは他の病気の症状でもよく見られますが、まひやしびれが、身体の半分に、突然、起こったような場合、脳梗塞の可能性が非常に高いです。そうした場合、一刻も早く医療機関を受診することが大事です。

脳梗塞の場合、まひやしびれが体の片側に起きるのが特徴で、症状は1~2分でおさまることもあれば、1時間程度続くこともあります。こうした前兆に気づいた時は、初期症状の段階で、専門医の適切な治療を受けることが重要です。初期であれば、食事療法で改善することができます。

脳梗塞の食事療法について

脳梗塞の症状

食事療法については、脂肪の摂り過ぎに注意し、血中のコレステロール値を適した水準に保つようにするため、動物性脂肪やコレステロールの多い食品の摂取を控えるようにします。日々食事では、肉より魚を心掛けるようにしましょう。

脳梗塞の治療は、技術の進歩によって、死亡率そのものは低下しましたが、適切な治療タイミングを逃すと後遺症の発症を高めるので、早期対応、早期治療が大事になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする