べにふうき茶が花粉症に効果的!副作用は?

べにふうき茶 花粉症

毎年多くの人々が悩まされている花粉症。辛い症状を引き起こす花粉症ですが、べにふうき茶が効果的といわれ、ここ数年注目を集めています。ここでは、べにふうき茶の効果や副作用などについてお話ししていきたいと思います。「べにふうき茶を試してみようかな~」とお考えの方は必見ですよ!!

べにふうき茶が花粉症に効果的!

花粉症対策

ここ数年、花粉症に効果があると注目されている【べにふうき茶】。1993年頃に品種改良を重ねて開発されてできたお茶で、カテキンが普通のお茶よりも濃いのが特徴です。カテキンには花粉症の症状を抑えてくれる効果があり、中でも鼻水を止める効果が高いといわれています。しかも、べにふうき茶が効く人であれば、飲んでから20~30分で効果が実感できるのだとか!!辛い症状だからこそ、即効性があるのは嬉しいですね。

べにふうき茶に副作用はあるの?

べにふうき茶の副作用

花粉症に効果があり、しかも即効性があるとなると、気になるのはその副作用ですよね。べにふうき茶のカテキンは天然由来の成分です。また、医薬品ではなくお茶ですので副作用の心配はありません。ただし、カフェインが含まれていますので、寝る前に飲むと眠気がとれてしまうことがあるかもしれません。気になるようでしたら、べにふうき茶を寝る前にガブ飲みしない、飲むのは昼間だけにしておくなど飲み方を少し工夫されると良いでしょう。 

べにふうき茶は医薬品ではありませんから、飲んだ人すべてに効果があるかといわれればそうではありません。しかし、花粉症の辛い症状を緩和してくれる効果は大変注目されていますから、試してみる価値はあると思います。「花粉症シーズンは毎年 憂鬱…」「いい加減、辛い症状から解放されたい!!」とお困りの方は、試しに飲んでみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする