脳卒中と脳梗塞の違いは?前兆や予防法について

脳梗塞の前兆

脳へ栄養や酸素を届ける血液は、動脈を通って脳に運ばれていきます。この動脈が詰まったり破れたりすると、血液が十分になれずに脳へ必要な栄養と酸素が届かなくなります。そうすると脳の神経細胞はダメージを負い、様々な障害が現れます。このように何らかの原因で脳の神経細胞が壊れてしまう病気全般を表す言葉が脳卒中です。

スポンサーリンク

脳卒中と脳梗塞の違いについて

脳卒中の原因

脳卒中と脳梗塞の違いは簡単で、脳卒中の原因の一つが脳梗塞にあたります。脳梗塞は動脈硬化や血栓などで脳の血管が詰まる事で生じる疾患で、脳梗塞が起きた結果、脳卒中の症状を引き起こします。脳卒中の原因には脳梗塞をはじめ、脳出血やくも膜下出血などがあります。

脳梗塞を原因とする脳卒中の前兆としては、動脈が狭まる事で起きる体のしびれやめまいに加え、物が二重に見えたり、ろれつが回らなくなったりする場合もあるので、血管が完全に詰まる前に病院に行く事が重要になります。

脳梗塞の予防法は?

脳梗塞の予防法

脳梗塞の予防法としては、血管の状態に影響を与える血圧やコレステロール値を低く抑える事を心がけます。高血圧や高脂血症、糖尿病などは脳梗塞を発生させるリスクを高める疾患ですので、早めに治療したり食事や生活習慣に注意しておく事が大切です。

食品では魚に含まれるEPAやDHAは血液をサラサラにして、血流を良くします。また、納豆に含まれるナットウキナーゼや、酸味のある食べ物に含まれるクエン酸も動脈硬化の予防に効果があります。適度な運動や疲労・ストレスを蓄積させない生活も健康維持に繋がります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする