急な高血圧の原因と対策は?食事で予防する方法はコレ

急な高血圧

急な高血圧の原因は、ストレスと考えられています。ストレスを強く感じたり不安な感情を抱いたりすると、交感神経が興奮します。交感神経は運動している時や集中して物事に取り組んでいる時に活発になります。脈拍や体温を上げることで、これから起こる急激な出来事に対処できるように準備します。血圧も同じように上がるので、突然 高血圧の症状が現れます。

高血圧の対策は?

高血圧

突然 高血圧になったら、まず体を安静にするためベッドに横になる対策が有効です。血圧は生命維持に重要な脳に血液を送るために上がったり下がったりします。横になると心臓と脳は同じ高さになるので、血圧を上げなくても脳に血液が供給されて血圧も落ち着きます。寝転がった姿勢は気持ちをリラックスさせるので、副交感神経を優位にさせ自律神経の興奮をコントロールします。感情の起伏を自分の意思でコントロールすることは難しいですが、リラックスさせるには腹式呼吸も効果的です。

食事で予防する方法はコレ

高血圧の予防

高血圧を予防するには、グレープフルーツがおすすめです。グレープフルーツにはビタミンCとカリウムが含まれており、血管を強化して血圧を下げる作用があります。他の柑橘系と比較するとグレープフルーツは糖分が少ないので、生活習慣に発展しにくいです。血圧を下げる効果は3日~4日は続くとされるので、経済的にも優しいです。高血圧の薬を服用している人は、グレープフルーツと併用することで効果を強めてしまうことがあるので注意します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする