血圧の下が高い原因や治療法は? 下げる方法はコレ!!

血圧が高い

血圧を測ると値が高くないかどうかが気になりますよね。上の血圧の値が正常でも、下の血圧が高いっていうことがあるんです。これってどういうことでしょうか。ここでは、原因や治療法、数値を下げる方法についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

血圧の下が高い原因は?

下の血圧が高い

下の血圧とは、心臓が血液を送り出した後、肺などから血液を吸い込むときの血圧をいいます。これが何度測っても高い、とうことなら、その原因は【拡張期高血圧】かもしれません。上は正常なんだから気にしないわ、と思うかもしれませんが「拡張期高血圧」の方は最近増えているそうです。

拡張期高血圧は、いわゆる「高血圧症の初期症状である可能性が高い」ということです。高血圧は血管が硬直する、または老化が原因といわれますが、それが少しずつ進んでいるかも…っていう状態なんですよ。だから放置しておくと上の血圧も上がっていくかもしれません。

そして症状が悪化し、動脈硬化が進めば、今度は下の血圧が下がりはじめます。つまり、上と下の値の差が開いてきます。これが高血圧症ということになって脳梗塞や心筋梗塞の危険性が出てくるんですね。下が高いことは、高血圧症の予備軍かもしれないと考え、医師の診断を受け、生活習慣に注意しましょう。

高血圧の治療法について

血圧を下げる

では、高血圧症になった場合の治療とはどんなものなんでしょう。よく血圧を下げる薬【降圧剤】を飲んでいる方がおられますよね。それは薬物療法です。

実際はそれだけでなく、生活習慣の改善との組み合わせで進められるそうです。肥満になっていないか、食生活、特に塩分の取りすぎはないか、運動はしているかなどのチェックを行います。「拡張期高血圧」の段階で、生活習慣の改善をしていくことがベストです。

血圧を下げる方法はコレ

高血圧の原因

血圧を下げる方法として『四少四多』という言葉があります。これは食事法のことです。これは甘いもの、塩、肉、1回の食事の量は少なく、果物、酢、野菜、1回の食事の量は多くという意味なんですよ!

他にも食物繊維の多い野菜、きのこ類もおすすめ。動物性脂肪はとりすぎないよう気をつけましょう。塩分を控え目にするため、カリウムを多く含んだほうれん草、白菜、サトイモ、さつまいもなどもぜひ取り入れたいものです。

今は正常でもこれからは下の血圧にも注目して、高血圧症の予防につとめてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする