口内炎で歯茎が腫れた!! 治らない原因や病院は何科に行くべき?

口内炎の治し方

「歯茎に口内炎!?」そんな体験をした方は少なくないと思います。歯茎は日頃からあまり口内炎ができる場所ではないので、どう対処すれば良いか迷ってしまいますよね。ここでは、口内炎で歯茎が腫れた場合の原因や受診科などについてご紹介していきますね。

口内炎で歯茎が腫れたら…

歯茎が腫れる

口内炎は一度できると何かを食べるときはもちろんのこと、ひどいときには何も口にしたくなくなるほどの痛みを伴う場合がありますよね。ほっぺたの内側や舌の裏などにできる確率が高い口内炎ですが、歯茎にできて歯茎が腫れてしまうという場合もあります。

続きでは口内炎で歯茎が腫れる・口内炎が治らない原因についてみていきましょう。

口内炎が治らない原因は?

口内炎が痛い

口内炎ができる原因としては、傷口からバイ菌が入って口内炎が起こる『アフタ性口内炎』、アレルギー源が当たることによって起こる『アレルギー性口内炎』、歯と歯肉の間がただれて白い腫瘍ができてしまう『壊死性腫瘍性口内炎』の3種類に分類されます。しかし、最後にご紹介した壊死性腫瘍性口内炎になることはほとんどなく、一般的な口内炎は「アフタ性口内炎」であることがほとんどです。

このアフタ性口内炎を治すには口の中の細菌を減少させる必要があり、マウスウォッシュを使うことで口内炎をある程度抑えることが出来ると考えられています。アレルギー性口内炎の場合はアレルギー源を見つけて、それを避けることが重要です。

病院は何科に行くべき?

口内炎の原因

口内炎は、文字通り「口の内側にできる炎症」なので、歯科や皮膚科で見てもらう方が多いかもしれませんね。また、内科や口腔外科でも診察してくれる場合がありますが、実は口内炎の専門は【耳鼻咽喉科】といわれています。

しかし、全国どこの耳鼻咽喉科でも口内炎の診察をしてくれるとは限らないそうですので、来院前に一度確認することをオススメします。また、近くに口内炎を診察してくれる耳鼻咽喉科がない場合は、近所や評判の高い歯科や皮膚科に口内炎を診察してくれるかどうか確認するのも一つの方法です。

口内炎は、たとえ放っておいても1~2週間程度たてば、「いつの間にか治ってた」ということが多いので、生活に支障が出ていないのであれば わざわざ病院を受診する方は少ないと思います。しかし、症状が辛い場合や長引く場合は我慢しないでお医者さんに一度診てもらってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする