【糖尿病】女性限定の原因は?食事や運動による予防法について

女性の糖尿病

生活習慣病と呼ばれる病気にも様々な種類がありますが、血糖値が高い状態が続く糖尿病は様々な合併症を引き起こすので、注意が必要です。初期の頃はこれといった症状が出ないことも多いので、進行してから気づくという人もありますが、悪化させないことが大切ですので、定期的に血液検査や尿検査などは行っておきたいところです。

女性に多い糖尿病の原因について

糖尿病の原因

糖尿病を改善するためには、その原因を知り、それぞれに合う予防法を見つけていきたいですが、女性限定の原因というものもあります。
その原因としては、妊娠によるものがあげられます。これは妊娠するまでは糖尿病でなかった人が妊娠してからかかってしまうというものです。

その原因は妊娠するとホルモンの分泌も変化していきますが、そのホルモンの影響で血液中の糖の分解が難しくなってしまいます。妊娠中はインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、インスリンを壊しやすくする酵素も出やすくなりますので、血糖値のコントロールが難しくなってしまいます。血糖値が高い状態が続く母体だけではなく、赤ちゃんにも影響が出やすいので注意が必要です。

糖尿病の食事療法や運動療法

糖尿病 食事

予防法とては食事は糖分が控えめでバランスが良いものを選びましょう。ご飯やパンなどの炭水化物は血糖値があがりやすいので特に気をつけたいところです。飲み物も糖分が多いものが多いので、こちらも気をつけましょう。そして適度な運動も大切ですので、食後に軽いウォーキングをするなど妊娠中にも無理のない運動を取り入れていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする